その他

【C97】冬コミ新刊の頒布数はワースト2でした!その理由は・・・

いきなりストレートな話をしますが、C97(2019年冬コミ)は、いろいろと辛い思いをしました。

決して他のサークルさんから嫌がらせを受けたとかそういった話ではないですよ( 一一)

 

冬コミで頒布した新刊の数が過去ワースト2だったからです(具体的な部数は秘密です)。

今回はなぜ冬コミの新刊があまり手に取ってもらえなかったのかその理由を考察してみました。

プライベートで問題を抱えていた

ちょっと言い訳っぽくなってしまいますが、コミケ直前は家庭と仕事の両方で悩みを抱えていました。

何とか毎日会社に行くことはできましたが、本気で会社に行きたくないと思う日々が続いていました。

※現時点では問題は解消しています。

※ちなみに今の会社は今月(2020年2月)末で退職して、自分のやりたい仕事にチャレンジしていきます。

 

精神的に悩みを抱えていると原稿が手につきません(逆に原稿をすることで悩みを忘れられるという方もいらっしゃると思います)のでC97で出した作品はこれまでのコミケで出した作品で一番自己評価が低い作品です。

同人活動の頻度が減った

2016年11月から首都圏を離れたこともあって同人活動の参加頻度が減ってしまいました。

2017年までは頻繁に同人活動を行っていましたが、それ以降は遠征の交通費や身体的な負担のためにイベント参加を控えていました。

同人活動の頻度が減ると、当然同人誌を描く頻度が減ってしまうので画力がどんどん悪くなるというわけです。

 

1年近く同人活動を休止すると・・・

ちなみにC97でとあるサークルさんに挨拶に行ったのですが、「久しぶりですね」と言われたことが少しショックでした。

決してそのサークルさんに酷いことを言われたというわけではなく(私の合同誌に参加してくれたことで親しくなったサークルさんです)、イベントに参加しないことでやはり交流が減ってしまうということを痛感しました。

もちろんSNSなどで積極的に交流をするという方法もありますが、当時の自分はそこまでする精神的余裕がありませんでした・・・

 

これからどうするか?

これまでは完全独学で同人活動や創作活動をやってきました。

しかし「自己流は事故る」という格言がある通り、自己流で進めてきたことでなかなか上達しませんでした。

今後は、先日の記事で紹介したさいとうなおき先生のイラスト講座を見ながらその講座内容の通りアウトプットを進めていきます。

 

2020年はいろいろなことに挑戦していきたいと思っているので応援よろしくお願いします!