同人活動っていくらかかるの!?予算別に事例を紹介!

こんにちは。kogasanaです。

これまでは同人活動やお絵かきの心構えをメインでお話してきました。

今日からしばらくは実践編をお話したいと思います!

 

 

今回のテーマは・・・ズバリ!「同人活動にかかるお金」です!

こちらのブログを見ていただいている方の中には学生の方もいらっしゃると思いますので、予算に応じた同人活動の始め方を解説していきたいと思います。

 

同人活動をするための必須アイテム

同人活動をするための必須アイテムは4つありますので用意してください。

  1. デスクトップパソコン&ディスプレイ(予算40,000円~200,000円)  
  2. ペイントソフト(予算5,000~20,000円) 
  3. ディスプレイ(予算20,000~40,000円)
  4. ペンタブレット(予算10,000~50,000円)

※1についてはノートパソコンでもOKです。

余裕があればプリンターを用意しておくと何かと便利です!

それでは早速、予算別の同人活動の始め方をお話したいと思います。

お金がない・・・けど同人やりたい方向け

学生の方で同人活動やりたいけどお金がないという方は、合同誌への参加 or 小規模オンリーにサークル参加のどちらかの方法がおすすめです。

それぞれの方法を解説していきたいと思います。

合同誌に参加する

合同誌に参加する場合の予算は・・・0円です!

このブログで何回も言っていますが、必須アイテムさえあれば合同誌への参加であればほとんどお金がかかりません(印刷代やサークル参加費は主催者負担のため)。

さらに、ほとんどの場合イベント当日またはイベント後に合同誌が1冊もらえるのでモチベーションもアップできます。

私自身も合同誌に参加したことがありますが、必ず主催者さんから新刊を1冊頂いています。

合同誌に参加するメリットはいっぱいあります!

  • 費用がほとんどかからない。
  • 新刊が1冊もらえる。
  • 他の参加者さんの作品を見て勉強できる。

小規模オンリーにサークル参加(予算10,000円)

小規模オンリーにサークル参加する場合の予算は10,000円です。

【費用の内訳】

  • サークル参加費:4,000円~5,000円
  • 印刷費:4,000円
  • その他:1,000円~2,000円

その他にかかる費用は、テーブルクロスや釣銭入れなどイベント当日のスペースに必要なものの費用です。

イベント会場までの交通費は予算に含んでいません。

 

小規模オンリーに参加するメリットもいっぱいあります!

  • 自分の手で新刊を頒布することができる。
  • 他のサークルさんと交流ができる。
  • 同人イベントをより体感することができる。
  • その作品が好きな人しか来ないので新刊を手に取ってもらいやすい。

最初から大規模イベントに参加するのはおすすめしません。

私も小規模オンリー → 大規模オンリー → コミケの順でサークル参加しています。

 

お金に余裕がある方向け

予算に余裕のある方は遠征をしてみるのをおすすめします。

地方在住の方は東京や大阪、関東在住の方は地方のイベントに参加してみるのも楽しいですよ!

ちなみに私は2019年にサークル参加するイベントはすべて遠征です。

 

遠征イベントでガッツリ活動!(予算110,000円~)

交通費や宿泊費はその方によって変わってくるので私の過去のケースでお話をします。

ガッツリ活動する場合、遠征をして大規模イベントに申し込んで100冊のオフセット本を印刷するコースになります。

【前提条件】

  • 東京在住で大阪のイベント(東方紅楼夢)に参加
  • 2泊3日でイベント前日と当日に飲み会に参加
  • リーズナブルなホテルに宿泊

【費用の内訳】

  • サークル参加費:10,000円
  • 印刷費:30,000円(オフセット100冊、早割を適用)
  • 交通費:30,000円(東京から新大阪の往復と市内の交通費)
  • 飲み代:10,000円(1回5,000円×2回)
  • 宿泊費と飲み会以外の食費:20,000円(1日で10,000円)
  • その他:10,000円(サークル設営に必要なものや観光にかかる費用)

かなりお金がかかるので、頑張って貯金して遠征イベントをやってみるのもいいですよ!

以上、予算別の同人活動の始め方でした!

 

その他

Posted by kogasana