同人誌の印刷方法2つのメリット・デメリット

2019年7月29日

同人誌を出してみたいけど、同人誌の印刷をどうすればいいかわからない・・・

そんなあなたのために、一生懸命作った同人誌を印刷する方法についてお話をしたいと思います。

同人誌の印刷方法は2つです!

同人誌の印刷は、自分で印刷する方法と印刷会社に依頼する方法の2つがあります。今回はそれぞれについて解説していきたいと思います。

※ちなみに私は自分で印刷・製本はやったことがありません。

①自家製本する

自分でプリンターやコンビニなどにあるコピー機で原稿をコピー・印刷してから自分で製本する方法です。

自家製本のメリット

印刷会社に依頼する必要がなく、すべて自分で完結できるため、締切に余裕がない場合や新刊のおまけ本としてコピー本を出したいときに便利な方法です。

自宅のプリンターや近所のコンビニなどにあるコピー機で簡単に印刷できるうえにコストがあまり掛かりません。最近は5円コピーも増えてきましたのでより手軽に同人誌が印刷できるようになりました。

参考サイト: 5円コピー

自家製本のデメリット

印刷する用紙は基本的に市販のコピー紙になりますので、特殊紙や箔押しなどの目立つ装飾のある印刷はできません。

自宅のプリンターのインク切れや故障、コンビニのコピー機が近くになかったり混雑していて使えないというリスクがあります。

 

②印刷会社に製本まで依頼する

原稿データ(アナログも場合によっては可能)を印刷会社に渡して印刷機で印刷から製本までやって貰う方法です。

 

印刷会社に依頼するメリット

入稿用のデータを作成するだけで良いので手間がかかりません。

印刷会社によってはアナログ原稿に対応しているところもあるので、デジタル環境がなくても印刷を依頼できる場合もあります(別途料金が発生したり納期が伸びる可能性もあるため必ず事前に確認をしてください)。

PPマット加工や遊び紙の挿入、特殊紙の仕様など装飾に凝った同人誌を作ることができます。

 

印刷会社に依頼するデメリット

製本までを依頼する分、どうしてもコストが高くなってしまいます。少部数から可能なオンデマンド印刷で5000円~、100冊以上を印刷する場合のオフセット印刷で30,000円~の印刷料金がかかります。

印刷工程が発生するため、イベントの数日前に入稿締め切りになることがほとんどです。そのため、締切に余裕がない場合はおすすめできません!

 

予算と納期に応じて使い分けましょう!

自家製本は、少し手間はかかりますが、納期もそこまでかからずに印刷コストを安くすることができます。こんな場合におすすめです。

  • 締め切りまでに時間がない
  • 新刊のおまけ本を作りたい
  • 初めてのサークル参加で出来る限り予算を抑えたい

コピー本でも表紙を厚紙や色付きの用紙にするなど工夫をすることで見栄えを良くすることができます。コピー本だからと言って侮ることなかれ!

 

印刷会社へ依頼して印刷する方法については、納期が1週間ほどかかり、印刷費もかなり高くなってしまいます。その代わり、原稿データさえ作ってしまえばOKです。あとは印刷会社さんにおまかせです!

こんな場合におすすめです。

  • しっかりした装丁の同人誌を作りたい!
  • 納期や予算に余裕がある。
  • 合同誌や総集編など特別な本にしたい!

あなたの状況に合わせて最高の同人誌を作ってください!

未分類

Posted by kogasana