プロのイラストレーターさんが交流企画に参加してくれた!

こんにちは。kogasanaです。

 

7年前に私のニコ生コミュニティでやったお絵かき交流企画に参加してくださった方がプロのイラストレーターさんになっていて驚いたというお話です。

 

f:id:kogasana:20190418211626j:plain

 

ニコ生のお絵かき交流企画

2012年にニコ生でとあるお絵かき交流企画を立ち上げました。

立ち上げたといってもそこまですごいものではありません。

 

あるテーマに沿った作品をpixivで公開している方にお願いをしてその方の作品をニコ生の配信中に紹介させてもらうという企画です。

 

私の初期のニコ生をご存知の方はたぶんわかると思います。

あるキャラクターに特化したお絵かき交流企画をニコ生で配信しました。

 

現在プロの方が交流企画に参加!?

実は交流企画をやった時点ではその方はまだプロデビューされていませんでした。

お名前は伏せますが、プロデビュー前からとても素敵なイラストを描かれていました。

 

最近某ゲームをプレイしていた時にとあるキャラクターのイラストレーターさんが「〇〇さん」と書いてありました。

「あれ・・・〇〇さんってどこかで聞いた名前だな」と思ったのがきっかけです。

 

交流企画に参加していただいた方は全員pixivのメッセージでやり取りをしていたので、当時のメッセージ履歴を探してみたら・・・

 

ありました! 〇〇さんとのやりとりのメッセージが!

 

プロのイラストレーターさんとお話していたことがあったとは・・・

私はとても幸せです!

 

場数を踏むことでチャンスが生まれやすい

私は良く周りの人から、「kogasanaは行動力があってすごい」と言われています。

しかし私はそこまですごいことをしているわけではありません。

ただ自分がやろうと思ったことを実践しているだけです。

 

・サークル参加したいからサークルを作ってイベントに参加する。

・売り子さんが欲しいからツイッターで募集する 。

・サークルさんと交流したいから合同誌を作る。

 

実はこれって誰でもやろうと思えばできるんです。

 

サークルを作るのにお金はかかりませんし、1回のイベントにかかる費用も遠征でなければ2~3万円で収まります。

 

社会人の方であれば問題なく捻出できる金額だと思います。

学生さんでもアルバイトをすれば稼げる金額です。

 

サークルで売り子さんが欲しいと思ったらツイッターで募集したり、友人にお願いすればいいだけの話です。

 

合同誌の企画も最初はちょっとコツはいりますが、私は誰にも聞かずに1人で企画を立ち上げてコミケで合同誌を頒布しました。

 

つまり、場数を踏んでいくことで大きなチャンスが生まれるのです。

 

今回の交流企画以外にもかなり有名なサークルさんがわざわざ私のスペースまで新刊を買いに来てくださったこともあります。

 

※私はその方が有名なサークルさんだということを知りませんでした。売り子をしてくれた友人から聞いて初めて知りました。

 

やりたいことは全部やろう!

同人活動に限らず、あなたが「これやりたい!」と思ったことがあれば、自分の気持ちに正直になって思い切ってやってみることです。

 

もちろん失敗することもありますし、つらい思いをすることもあります。

でもそれを乗り越えることでもの凄いチャンスが生まれてくるのです!

 

今はちょっと忙しいからあとでやろうと思っていると99%行動できません。

完璧でなくても構わないので、やりたいことがあったら少しでも行動を起こしてみることが大切です!

 

プロのイラストレーターさんが私の交流企画に参加してくれていた事が、7年後に分かったというお話でした。