【同人誌】ダウンロード販売するならメロンブックスDLだ!

こんにちは。kogasanaです。

 

現在、毎日ブログ更新中です。この記録を絶やさないように日々頑張りますので応援してくださいっ!

 

さて、今回のテーマは「ダウンロード販売をするなら絶対にメロンブックスDLにしろ!」です。

 

f:id:kogasana:20190329013329j:plain

 

メロンブックスDLは神!

ダウンロード販売サイトはいくつかありますが、販売登録をするのであれば、絶対にメロンブックスDLにしてください!

 

ある程度売れているサークルさんであれば他のDL販売サイトでも構わないのですが、同人活動を始めたばかりの方、頒布数が少ない方は必ずメロンブックスDLにしてください。

 

絶対にメロンブックスDLにすべき理由を解説していきたいと思います。

 

①最低支払額がない!

これはマジで大切です。

ダウンロード販売サイトで本が1冊売れた! 300円の売り上げだ!

でも最低支払額が・・・3000円・・・!

 

この場合あと9冊売らないと売り上げは上がっているのに、あなたの手元にお金が入ってきません。これではせっかくのモチベーションもダダ下がりですよね・・・

 

メロンブックスDLは最低振込額がないので、1冊でも売れたら、翌月20日に販売額に消費税をプラスした金額があなたの口座に振り込まれます。

 

2017年の7月に1冊売れたので、8月の初旬に「お支払報告書」がメールで送られてきました。

卸値(販売価格から委託手数料を引いた金額)が490円、消費税(8%)が39円で合計529円が私の口座に振り込まれました!

 

f:id:kogasana:20190329014551j:plain


最低振込額がないということは、1冊売れればあなたの口座に売り上げが入ってくるということです。

これを意外と分かっていない人が多いので、これからサークル参加を始める方はぜひメロンブックスDLに自分の作品を登録してください!

 

②知名度が高い・信頼できる

メロンブックスDLの他にあるDL販売サイトで有名なのはとらのあなやDLsiteなどがあります。

 

もちろんこれらのDL販売サイトもある程度の知名度はありますが、メロンブックスDLは、母体のメロンブックスがすごく信頼できる委託販売先です。

 

※余談ですが、メロンブックスに紙媒体の同人誌を委託するのはなかなか厳しいです。

私も何回かチャレンジしてみましたが審査落ちしてしまいました・・・

 

当然メロンブックスDL全体へのアクセスも多いので、あなたの作品が検索されて買ってもらえるチャンスも当然多くなります。

 

ある程度販売数が安定するまではメロンブックスDL一本で良いと思います。

 

③イベントで頒布数の少ないサークルでも売れる!

同人イベントで頒布数が少ない(30部以下)のサークルさんでもメロンブックスDLで本が売れます(私の出品した本も売れました)!

 

私はこれまでに5冊売れています!イベントでの頒布数は新刊が10~20冊です。

これで次のイベントの資金に少し余裕ができますよね! 

f:id:kogasana:20190329021114j:plain

 

販売データの作成方法

私にもできそうだからDL販売してみよう!

でも・・・どうやって販売データを作ったらいいの?

 

答えは簡単です。印刷所に入稿した時のデータをそのままアップロードすればOKです。

もし不備などがあればメロンブックスDLの担当者さんから連絡が来ますので、その指示に従ってください。

 

アナログ原稿の方は、スキャンしたデータをアップロードするか、同人誌をメロンブックスDLさんに送ってスキャンデータを作成してもらうことで販売が可能です。

f:id:kogasana:20190329022603j:plain

 

ちなみに既刊でもダウンロード販売が可能なので、あなたの過去作品をDL販売してみると意外と売れるかもしれませんよ? 

 

もし500円が卸値で100部売れたら・・・

 

50,000円の売り上げになりますよね。しかも電子書籍なので原価がほとんどかかりません。そうすれば遠方のイベントにも行けちゃうかもしれませんよ?

 

以上、ダウンロード販売をするなら絶対にメロンブックスDLだ!というお話でした。