【同人活動】上手くなくていい!そのかわりすぐに始めろ!

こんにちは。kogasanaです。

 

今回は、イラストや漫画が上手くなくてもいいから、今すぐに同人活動を始めようというお話をしたいと思います。

 

f:id:kogasana:20181222195921j:plain

 

先日ツイッターを見ていたら、橋本ゆのさん(@riko3_)のツイートが凄く印象に残っていたのでご紹介させていただきます。

 

ツイート内容をまとめると・・・

・大学生の頃、「絵が上手くなったらコミケに出たい」と漠然と思っていた。

・しかしいつまで経っても「上手くなる」ときが来ないまま社会人になってしまった。

・社会人になって忙しくなってしまい、同人活動が出来なくなってしまった。

・やりたいことがあったら時間と体力があるうちに活動するべき。

 

絵が上手くなってからコミケに出たい!?

 

※今回はちょっと辛口のお話になります。ご了承下さい。

※あくまでも「上手くなってからイベントに出ようと思っている方全員」に向けてのメッセージです。

 

絵が上手くなってからコミケに出たいだぁ?そんなのチャンチャラおかしいぜ!

 

なんでか分かりますか?

 

それは「上手くなってからコミケに出よう」と思ってるだけで絵が上手くなるわけがないからです。だって考えても見てくださいよ。絵を描かないで上手くなるわけ無いですよね。

だったらどうすればいいか? 答えは簡単です。

 

上手くなくてもいいからとにかく同人イベントに申し込む

 

コミケをはじめとする同人イベントの参加資格には「画力」の条件は一切ありません。

つまり絵がうまくなくてもコミケに申し込むことは可能です。コミケが難しければオンリーイベント(特定のジャンルだけを取り扱う同人イベント)の参加から始めましょう。

とにかく、現在の画力に関係なく同人イベントに申し込む!いきなり同人誌を作るのが不安であれば、まずは合同誌に寄稿することから始めましょう。

 

【参考記事】

【合同誌】主催者にも参加者にもメリットはある! – 同人活動やってみよう!

【合同誌】トラブルに注意!実際にあった事例を紹介します – 同人活動やってみよう!

 

今すぐに同人活動を始めることの最大のメリット

あなたが少しでも同人活動をやりたいと思ったらすぐに始めましょう。もし費用面などでいきなりイベントに参加するのが難しい場合は合同誌の企画に参加しましょう。

企画によって異なりますが、合同誌にはこんなメリットがあります。

・1ページから参加できる(時間的メリット)

・印刷代がかからない(費用的メリット)

・お礼に合同誌がもらえることが多い(イベントに参加できなくても郵送してもらえる)

 

すぐに同人活動を始めるにはまずサークルカットを描く必要があります。

サークルカットとはイベントのカタログに掲載されるサークルの広告みたいなものです。

これは2018年の冬コミ(C95)で申し込んだときのサークルカットです。

f:id:kogasana:20181222202255p:plain

 

勘のいい方は気づいたと思います。そうです。イベントに申し込む時はサークルカットのイラストを描かないといけないのです。まずはこの時点で必死に絵を描きますよね!

 

そしてこれだけに終わりません。イベントに申し込んだからには何かしらの頒布物(同人誌やグッズ)を作らなければなりません。

 

そうなると必死になって作品作りに励む事になります。

これを繰り返すことで少しずつ絵が上手くなっていくのです。

 

ちなみに記事上の東方漫画は同人活動1年目で、サークルカットの清姫は同人活動5年目(現在休止中ですが・・・)で描いたものです。

私は同人誌作成の時以外ほとんど絵を描かないのでそこまで上手くなっていませんが、ワンドロなどの企画に積極的に参加していくとどんどん上手くなっていきますよ!

 

まずは同人イベントに申し込むか合同企画に参加してみましょう!