【同人活動】画力がないことはむしろ強みだと思え!

こんにちは。kogasanaです。

 

今回は、画力がないからサークル参加をためらっているあなたにとって励みになるお話をしたいと思います。

 

f:id:kogasana:20181202220455j:plain

 

画力はこれから身につけるもの

サークル参加をしたいけどできないという方の多くは画力に自信がないという理由でサークル参加をためらっているのではないでしょうか。

でもご安心下さい。画力はあなたがサークル参加をして必死に原稿を描いていくことで自然に身についていきます。

なので現時点で画力がなくても思い切ってイベントに申し込むことがあなたの画力をアップさせるきっかけになるのです。

 

むしろ画力がないことが微笑ましくなる

サークル参加の経験がない方は、「こんな画力でサークル参加したら笑われる・・・」という不安があるのかもしれません。しかしご安心下さい。

プロの世界ならまだしも同人の世界は温かいものなのです。むしろ同人誌デビューをしたあなたを歓迎してくれます。

今は壁サークルと呼ばれる方々も必ず初めての同人イベントに参加したときはあったのです。頒布数はあまり多くないかもしれませんがそれでも必ず貴方の作品を手にとってくれる方はいます。

 

参加していないイベントだけど印象に残っている

数年前、某同人イベント直前にトラブルがあってイベントの開催が不可能になってしまったことがありました。

その時は有志の方が代替イベントを開催してくれたので、ほとんどの方はその代替イベントに参加することができたわけです。

私はそのイベントに参加していないので詳しいことはわからないのですが、参加しているサークルさんの中におそらく今回が初参加と思われる方がいらっしゃいました。

私がこんなことをいうのはおこがましいのですが、正直言って画力があるとは言えない方でした。でもこの作品に情熱をかけているということはすごく伝わってきました。

 

画力はないのはむしろ強みである

同人活動に必要なものは情熱と行動(そして考察)です。画力はあとからついてくるものです。同人活動を始めるときに画力がないのは当たり前です。

画力がないことを悲観するのではなく、これから同人活動をはじめました!というアピールになると考えましょう。

 

結論:画力なんて気にしないでさっさとイベントに申し込みなさいっ!