同人活動に向かない人の3つの特徴 後編

さて後編の記事を書いていきたいと思います!

前編ではイベントでの売り上げしか気にしていない人と真面目すぎる人は同人活動に向かないと言いました。

しかし厳密に言うと、それらの人がまったく同人活動に向いていないと言いたいのではなく、同人活動はいい意味で緩いので、ルールさえ守れば自分の好きなように活動できるし、売り上げよりも人との交流など決してお金では買えない体験ができるので考え方を変えてみませんか?という提案をさせて頂きたいと思っています。

さて最後の3つ目はというと・・・これです!

 

3.自分勝手な人

同人活動には様々なルールがあります。そのルールを守れずに好き勝手なことをして周りに迷惑をかけると最悪の場合、今後のイベント開催ができなくなってしまうかもしれません。例えば・・・


・徹夜で並ぶ(いわゆる徹夜組)
・大声で騒ぐ(待機中はもちろん、開場中も周囲の迷惑になります。)
・コスプレで禁止されている小道具を使用する。カメラマンによる盗撮など。

 

これらの迷惑行為をする人は同人イベントに来る前になぜそれらをやってはいけないか、迷惑をかけることでどうなるかをもう一度考えて頂きたいと思います。

さて同人活動に向かない人の3つの特徴についていかがでしたでしょうか。
決してこんなやつは同人活動をやる資格がない!と言っているのではなく、こういった考えだと同人活動が楽しめないので今後少しずつでも改善させていきましょうね。というお願いでもあります。

私自身も同人活動でとても貴重な体験をすることができました。皆さんもぜひ一度同人活動について考えてみてくださいm(__)m