【同人活動】博麗神社例大祭SPに参加して人生が変わった!

 

クレヨンや色鉛筆で動物さんを描いていました。ウサギさんとかくまさんとか。
東方のうどんちゃんや艦これの球磨ちゃんみたいな?

 

それはともかく、絵を描いていると同じ保育園に通っていた幼なじみの女の子が誉めてくれたのです。

 

「kogasana(本名)くん!もっと色々描いてっ!」
そう言われると描かないわけにはいかないですよね?

 

それで調子にのった私は毎日クレヨンでお絵かきをしていくわけです。

しかし小学生になるとゲームに夢中になってしまい、ほとんど絵を描かなくなりました。それから約15年くらいしてから。。

 

大学の時は首都圏に住んでいましたが、卒業後は地元に戻って普通に仕事をしていましたが、ある時やっぱり東京に戻りたいと思い、2010年に千葉県に引っ越します。

その時に初めて参加した同人イベントが博麗神社例大祭SP(今の博麗霊夢秋季例大祭みたいなイベント)でした。最初は同人関連の友人もいなかったのでソロでイベントに参加していましたが、それでも十分楽しかったです。

 

1000くらいのサークルさんが個性のこもった作品を頒布されておりました。私のその頃ははまり始めた時期だったので本だけで15000円位は使ってしまいました。

 

例大祭が終わったあとも1週間くらいは興奮が冷めらやぬ状態で、例大祭に参加された方のニコ生をひたすら見まくっていた記憶があります。

 

それから私はペンタブを買い、少しずつ練習を始めました。最初からうまくかけるわけはありませんが少しずつコツをつかんでいきました。pixivのお絵かきチャットで皆でワイワイやっていた時期もありました。(最近は全くやらなくなってしまいましたが。。)

 

そしてその3年後にサークル参加を果たすことになります。