【同人活動】イベント参加は必須ではない!休むときは休む!

お久しぶりです。kogasanaです。

平日はなかなか更新ができないのでせめて週末だけでも記事を書いていきたいと思います。

 

さて同人活動を始めてイベントに申し込んで実際にイベントに参加します。そしてイベントが終わって「今回は充実してたから次回も申し込もう!」とか「今回は〇〇ができなかった。この悔しさをバネにして次回リベンジするぞ」という思いで次回のイベントへの参加の決意を固める人は多いと思います。

 

その考えはとても素晴らしいものですし、尊重すべきだと思います。

 

しかし!義務的にイベントへ参加する(3回連続でイベント参加をしているから次回も申し込まなきゃ)と考えたことはないでしょうか? 

 

私はC78からはほぼ毎回欠かさず参加しておりました(3日間すべてではないですが)。そのうちC87からはサークルとして参加させていただくことも多かったです。(落選して委託参加をさせていただいたこともありました)。

 

コミケは毎回落選サークルが出るイベントなので毎回スペースを頂けることはとてもありがたいことです。ですから当然頑張って新刊を出そうと必死に原稿を描いているわけです(身内からツッコミが来そうだけど気にしない)。

 

しかし私も必ずイベントに参加しているかというとそうではありません。日程的に厳しかったり、少し休みたいと思った時にはイベントの申し込みをせず、イベント自体にも参加していません。その代わりゆっくり休んで次回イベントへの作品作りに注力することができ、浮いた費用でグッズを作ったり、製本のグレードアップをすることもできます。

 

ですのであなたが本当にイベントが心から大好きで「このイベントは参加したい!」と思えるのであればぜひ参加すればいいですし、「次回は少し休みたいなぁ」と思ったら少しお休みしてエネルギーをチャージしましょう。休むときは休む!これが大事です。

【同人活動】二次創作で利益を出すのはいけないのか?

こんばんわ。kogasanaです。久しぶりでのブログ更新でございます。といっても2~3日空いただけですが・・・

 

さて、同人活動をしていて必ず話題に上がるのがこの内容でしょう。

 

二次創作で利益を出すのはいけないのか?

同人サークル(特に大手サークル)に対していつも言われているのは、二次創作は原作者の黙認でさせてもらっているんだから黒字なんてもってのほか!という考えを持っている方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし今回は根本的になぜ「二次創作で」、「利益を出す」ことがいけないと思われているかを考えたうえで私の結論をお話したいと思います。

 

二次創作は原作者の恩恵を受けて活動している

二次創作とは原作のある作品を自分の好きなようにカスタマイズすることを言います。原作にない設定やストーリーを自分の思うままに描いて、その作品を他の方に読んでいただけるというメリットがあります。これも原作者さんが黙認していただいているからできることであって、著作権侵害があって、原作者さんから訴えられることはあってはならないことです。

 

原作者の利益を侵害してはいけないが・・・

原作者さんが黙認していただいて成り立っている同人業界ですので、原作者さんの利益を侵害してはいけません。考えられる事例としてはこんな感じでしょうか。

・原作作品・グッズに類似したものを作成して頒布する。

 →原作(公式)の売り上げが低下する恐れがあります。

・原作のイメージを著しく毀損させる内容の作品を頒布する。

 →原作のイメージが低下して、ジャンルの衰退につながってしまう。

・法人(会社)の規模で活動する。

 →もはや営利目的となってしまい、完全な競合他社となってしまう。

 

これらのことをやってしまった場合、今後原作再度から同人活動禁止!と言われても文句が言えない状況になってしまうので絶対にやってはいけません。

 

しかし、絶対に1円も利益を出してはいけないかというとそうとも言えないのではないかと思います。

 

利益を出しても次につなげれば良い

何をもって利益というかはあいまいです。経費となる部分がはっきりと決まっていないからです。

① 印刷代のみ

② サークル参加費+印刷代+諸経費(設営に必要なアイテムなど)

③ ②のほかに交通費・宿泊費も含む

④ ③のほかに食事代や打ち上げの費用も・・・

でも私の考えとしては③の交通費や宿泊費(遠征の場合のみ)が経費になる範囲だと考えています。

つまり③にかかった費用を経費として、イベントでの売上と経費を見て、売上>経費であれば利益が出ている状況となります。

 

しかし大手サークルさんはまだしも、島中のサークルさんが利益を出したとしてもそこまで大きな金額にはならないと思います(中には例外もあるかもしれませんが・・・)。

 

しかし利益が出るということはサークルにとってプラスでしかないわけで、数万円程度の利益であれば次のイベントのためにサークルさん自身で使ってもらうというのはどうでしょうか?

 

例えばこんな使い道があります。

・打ち上げで美味しいものを食べて次へのモチベーションを高めてもらう。

・新しい画材や液タブなどの機器類に使ってもらってより良い作品を作ってもらう。

・遠征イベントに参加してもらう。

・会社員やアルバイトをされている方の場合、就業時間を減らして同人活動に専念できる。

 

これだけ見てもサークルさんにメリットしかありません。さらに作品を購入する側の方もサークルさんのより良い作品が読めるという嬉しいことがあります。

 

ですから荒稼ぎしているという場合を除いてそこまで目くじらを立てる必要はないと思います。少しくらいの利益は多めに見てあげてもいいのではないでしょうか。

 

最後に結論をお話したいと思います。

二次創作では多少の利益が出てもいいけど、原作者さんに迷惑をかけることは絶対するな!

 

ご意見がありましたらコメントお願いします♪

 

【プリンター】同人活動にすごく役に立つイチオシ品!

こんにちは。kogasanaです。

2011年から使っている我が家のプリンターもそろそろ寿命が近づいてきております。

 

主な症状はこんな感じ。

・画面のキー操作がうまくいかない(よくフリーズする)

・スキャナーの蓋が壊れている(スキャン自体はできる)

・コードを紛失した(たびたびの引っ越しのためどっかいった)ので印刷にUSBメモリを使わないといけないので面倒。

 

そして今使っているプリンターは、本体価格が1万5千円くらいだったのですが、インクが5色セットで4000円強するので、年に2回はインクを買っていました。互換インクを買えばもっと安くなりますけどメーカーの保証外になってしまうので使っていませんでした。

 

でも、今回購入を検討しているのはEPSONのエコタンク搭載の大量印刷ができるプリンターです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エプソン エコタンク搭載プリンター EW-M660FT カラーモデル
価格:40913円(税込、送料無料) (2018/6/3時点)


 

本体価格は4万円と高いですが、その代わり1枚当たりの印刷コストが1円以下(普通のインクジェットは10~20円)で、1回のボトル交換で印刷可能な枚数が6000~7000枚です。しかも交換用のインクもそこまで高くなく、おすすめです。

 

来月の中旬くらいに実際に買ってみようと思っていますので、買ってみた後に商品レビューをしていきたいと思います。

 

私が想定している使用方法はこんな感じ。

 

・名刺とポストカードを印刷する

業者に頼むこともできますが、少量だと割高になってしまいます。その分プリンターの印刷であればほぼ用紙代+電気代で印刷できてしまいます。1年分のインクが購入時について来るらしいのでしばらくはインクを買わなくてもいいでしょう。特にポストカードは複数の種類を少数印刷したい場合はかなり有用です。

 

・ペーパーやチラシを印刷する

これもイベント直前まで原稿作成に集中できるので質のいい作品ができると思います。

印刷コストもA4で1枚1円以下なのでB5サイズなら・・・

 

・原稿チェックのための印刷

私は高確率で塗りミス、塗りモレをやらかしますので、原稿作成後にプリントアウトすることで原稿をチェックできます。また画面の色合い(RGBモード)と実際の印刷の色合い(CYMKモード)が異なるので色合いのチェックにも使えますね!

 

早く購入したくて楽しみにしています。早く来月にならないかなぁ・・・

【イベント】なぜ同人誌の価格を安くしてはいけないのか?

こんにちは。kogasanaです。

今日は京都で古明地こんぷれっくす(東方オンリー)が開催していますね!実はうちから会場はドアツードアで1時間くらいで距離的に行けなくもないのですが、特に欲しいものもないので今回は家でのんびりしています(実は今週末に大阪で飲み会があるのであまりお金を使えないという事情があったりなかったり)。

 

さてこの記事を投稿したところ、多くの反響がありました。

doujin.kogasana.com

 

同人誌の価格は高めにしたほうがいいよ!という内容の記事です。おかげさまでブログ全体のアクセスのうち、半分近くがこの記事へのアクセスです。まさにドル箱記事(地下鉄で例えるなら大阪メトロ御堂筋線みたいな)

 

せっかくなので今回は少し視点を変えて何故同人誌の価格を安くしてはいけないのかという議題を設けてお話していきたいと思います。

 

①同人誌の価格を安くすることで同人誌そのものの価値が下がる。

最初はどうしても「初参加だから」、「画力が低いから」という理由で頒布価格を下げてしまいがちです。しかし前々からお話している通り、同人誌には「セール(安売り)」が通用しません。なぜならば「あなたの作品だから」、「このサークルの作品だから」一般参加者はその作品を手に取る(買う)のです。そしてその価値はあなたがその作品にささげた分はあるはずですので、本来はその価格で頒布しなければいけないのです。

もし頒布価格を下げても頒布数(売れた数)はほとんど変わりません(これは私自ら体験していますので間違いないと思います)。むしろ標準~少し高めにしたほうが手に取る(買う)ほうも安心して買えるものなのです。

せっかく一生懸命作った作品の価値をあなた自ら下げることはありません。次回のイベントから頒布価格を見直してみましょう。

 

②一般参加者は価格で買うサークルを決めているわけではない。

これは①と共通する点もありますが、一般参加者は事前に回るサークルをチェックしています(サークルチェックといいます)。一般参加者はカタログもしくはWEBなどをみて好きな絵柄やキャラなどでこのサークルはほしい!というところにチェックをしていきます(あまり例えがよくないですが、休日の武蔵野線で競馬新聞に赤印をつけているおじさんを思い浮かべてみるとよくわかると思います)。

 

しかしわざわざサークルのHPや告知ツイートを見て、「このサークルは〇〇円だから今回は見送ろう」とか、「このサークルは△△円だからお買い得!」といってサークルチェックをしている人はほとんどいないはずです。それは、いくら安くても自分が好みでない作品は買わないし、少し高くても自分にドンピシャな作品は即買いしてしまうものだからです。

 

③赤字幅を少なくする(次のイベントに参加しやすくなる)

よく同人活動で問題になっているのが、二次創作で黒字を出すとは何事だ!といった同人活動で利益を出すことに対する反対意見です。たしかに同人は趣味で、即売会でお金を取るのは印刷費を回収するためという名目でやっています。でも赤字を多く残さないといけないというわけではありません。頒布価格を高めにすることで赤字幅を少しでも少なくして、次回のイベントにも参加できるようにするべきだと思います。

もしあなたの好きなサークルさんがいつも参加しているイベントに来ていない・・・どうしてかと思って調べたら参加する費用がないから・・・ということだったらどうしますか? 確かに同人で荒稼ぎをするのはあまりいい感じはしないかもしれませんが、赤字幅を減らす(限りなく0にする)くらいはやってもいいと思います。

 

そういうわけなのでサークルの皆さん。ぜひ次回のイベント(多くの方は夏コミかな?)では頒布価格を見直してみてください。実際に1点だけ頒布価格を安くしても多く手に取ってもらえたわけではないということをツイートされている方も過去にいらっしゃいましたよ)

 

さて夏コミの当落まであと5日を切りました・・・

 

 

【イベント】サークル同士の新刊の交換ってどうしてますか?

こんにちは。kogasanaです。

さて2chの件はしばらくお休みにして今回は実際に同人イベント会場でのサークルとしての立ち振る舞いについて考えていきたいと思います。

 

みなさんはサークルさん同士で新刊の交換はされていますか?

多分ほとんどの方は何かしらの形で新刊の交換をされたことがあると思います。

そして交換のパターンはこんな感じでされているはずです。私の実例をもとにお話していきたいと思います。

 

①他のサークルさんのスペースに挨拶して交換する(60%)

私が一番多いのはサークルさんのスペースまで足を運んで、直接ご挨拶するというパターンです。大体のサークルさんからは交換という形で新刊を頂くことが多いですが、私が本を購入してから挨拶として新刊を渡す場合もあります(新規で挨拶に行くサークルさんに対してすることが多いです)。

 

②自分のスペースまで挨拶に来てくれる(20%)

①に比べてあまり多くはないですが、私のスペースに直接来てくれて新刊を交換してくださるサークルさんもいらっしゃいます。あと隣のサークルさんとの交換もこれに当てはまるかなと思います。中には新刊を手に取っていただいて(買っていただいて)、その後に新刊をお渡しいただける神のようなサークルさんもいらっしゃいます。

 

③イベント後の打ち上げで交換する(5%)

過去にはイベントで自分の新刊をお渡しするということがありましたが、最近はあまりやっていません。その代わり名刺を十分に用意して名刺交換を積極的にやっております。

 

④合同誌などの参加御礼として郵送する(15%)

今年はまだやっていませんが、不定期に合同企画をやっております。その時に参加していただいた方にお礼として新刊を送付しています(たまに既刊も同封したりして)。これは交換というよりもこちらから渡すだけという感じになりますでしょうか。

 

最近はあいさつ回りに行くサークルさんは少なめで印刷部数も最低限にしていますが、過去には100部をオフセットで印刷して交換しまくったということもあります。それは人それぞれの自由なのであなたがやりたいようにすればいいと思います!

【サークル】3年前に2chに晒された時の話をしよう Part5

さてそろそろ2chコメのほうは最終回にしたい・・・

 

71.頑張ってる奴を馬鹿にするな 

ただ好きで描いているだけであまり自分で頑張って描いたという意識はあまりないのですが・・・でもありがとうございます!

 

74.無邪気でええやんこういうの

わーい!無邪気にお絵描き楽しいなっ!

 

109.ワイの絵はどう? 

髪型がクロワッサンみたい。かなり上手いと思いますよ(でも無断転載らしい)。

絵は下記リンクから見てね

こいつの絵下手すぎワロタwwwwwwwwwwww (※画像あり)|ラビット速報

 

112.>>109 
うますぎい
 

本当ですね(本当に描いた人に対して)。

 

113.>>109 
割といけるで
 

ホンマにいけるで(ホンマに描かはった人に言うてます)

 

124.>>109 
体もしっかりかけや
 

身体を描けるようになるとバリエーションが増えますよ!

 

125.>>109 
角が耳から生えてね?
 

エルフの女の子なのでしょう。

 

115.>>109 
耳がクロワッサン
 

私と同じことを考えている人がいる。

 

142さんによってこれがおそらく無断転載であるということを暴かれる・・・

 

158.>>142 
いやだからこれワイの絵やって 
なんなら今から描こか?
 

今すぐ描いてっ!今ならpixivのお絵描き生配信もありますから。アナログでも描いた絵をスマホで撮影してすぐに公開できますよね?(ねっとり)

 

160.>>158 
描いてクレメンス
 

 

132.ワイもなんか絵描いた事あったかなーってimgur見たらこれくらいしか無かった 

 いろいろな意味でインパクトのある絵でした。

 

140.>>132 
ダダイズムかな
 

ダダイズムって何?

 

137.プロ野球選手描いたンゴwwwwwwww 

どこの球団の何選手ですかね?野球は全く分からない。でもホークスの応援歌だけは好きな私です。

 

162.(画像のみ)

めちゃリアルなイラストです。もしかしてプロの方?

 

166.>>162 
ファッ!?
 

ファッ!?

 

ようやく全スレ(一部省略されているものがありますが)紹介が終わりました。

次回はラビット速報さんのまとめ記事についたコメントについてお話していきたいと思います。 

【サークル】3年前に2chに晒された時の話をしよう Part4

おはようございます。このシリーズも4回目になりましたね。

 

69.pixivこういうノイズ弾けんせいでエロ画像漁りが捗らん 
好きなフェチのタグで検索かけると大量にこういうノイズが連投されててクソむかつく 

確かにその気持ちは分かります。自分もとあるキーワードで検索することが多いのでその気持ちは十分わかります!だがしかし!私は一般向けのイラストしか投稿していないのですよ(2015年5月現在)。

 

138.>>69 

フェチで絞り込むと猟奇的な絵にぶちあたるスリルあるよな 

pixivは誰でも登録できて好きに絵を投稿できますからね。あと絵の好みは人によって全然違うので致し方ないところもあります。

 

76. ※一部表現を変えています。

>>69 
ぐう分かる 
自分の好きなジャンルで系探したら下手糞ばっかや 
心が汚いと絵も汚くなるんやろか・・・
 

絵が汚いってどういうことなのかよくわからない。練習すれば少しは上手くなると思いますよ。

 

>>76 
なんか草
 

可笑しいというよりはあまりいい感じがしない。

 

83.>>76 
素人の絵を投稿するサイトでそんなもん探す方がよっぽど心が汚れてるとおもうで
 

検索は各自の自由なのでそこまで気にしないけど。

 

92.>>83 
せや 
ワイの心もかなり汚れてるで
 

人間だれしもそういった欲求は持っているので別にいいんでないかい? 

 

87.>>69 
ノイズ呼ばわりに草
 

そこについてはあえて触れないでおこう・・・

 

70.こういう絵のほうが抜ける 

これは喜んでいいのか・・・?

 

最初は他人の絵を悪く言っていたと思っていた人が実はちゃんと自分自身の性格を認めているというところになんだかほっこりしてしまいました。