【同人誌】「つまらない」はともかく、菓子折りはやりすぎ!

昨年2017年5月に話題になった「同人誌の感想がつまらなかったから菓子折りを送る」ことについて私の考えをお伝えしたいと思います。

 

まず事の発端から。こちらのtogetterを読んでください。

togetter.com

 

まとめるとこんな感じです。

・自分の出した同人誌を知り合い(友人)に渡す。

・本を読んだ知り合いからつまらなかったと感想をもらう。

・本を渡した人が「お詫びに菓子折り送りましょうか?」というと相手からもそういわれたので送った。

・お詫びの手紙を菓子折りに添えて送る。

 

この騒動があったのが昨年の例大祭の直後だったのでかなり印象に残っています。しかし私はこの作者さんがとった行動がどうしても腑に落ちないのです。

 

①つまらないと感想をもらったら「次は頑張るね。アドバイスありがとう!」でいいと思う。

正直なところ、私も同人誌を友人に配っていた時期があり、「ここおかしいんじゃない?」と突っ込まれることはありました。しかし私はそれをポジティブにとらえて、いいアドバイスをもらったと考えて、次に活かしています(活かせてるのか?というツッコミはなしで)。

なのでつまらないと感想をもらっても前向きに考えればいいのです!

 

②お詫びに送ったらせっかくの菓子折りが可哀想

私の地元は和菓子で有名なところなので昔から美味しいお菓子をいっぱい食べてきました。お菓子は和菓子でも洋菓子でも職人さん(or 工場の機械さん)が丹精込めて作った価値あるものなのです。

お見舞いに送るのならまだしもお詫びに送ったらお菓子が可愛そうだと思います。貰った側も美味しくお菓子を食べることができなくなってしまいますからね!

 

③私なら絶対菓子折りは送らない。でも・・・

決してお金がもったいないと思っているわけではないですよ。でもその人からのつまらないという感想が自分にとってプラス材料になると判断できればお礼としてお菓子をあげるとかもしれません。

 

お菓子は美味しく楽しく頂きたいのであまりお詫びには使ってほしくないですね。その知り合いの方がネット上の方ならDMなどでお詫び・お礼を言って距離を置くのがベストだと思います。

本当の友人ならつまらないという感想を言うことはあっても菓子折りを寄越せということはないからです。せっかく送るのなら「お礼」の形でお菓子を送りましょう。そのほうがお菓子も喜ぶと思いますよ♪

 

【印刷会社】初めてのコミケで使ったのは・・・しまや出版さん!

こんばんは。kogasanaです。

 

来月と再来月に2つイベント参加を抱えていて原稿の真っ最中です。それぞれのイベントで新刊を出したいので必死に頑張っています。

 

さて私が初めてコミックマーケットに参加したのは2014年12月に開催されたC87でした。C87と言えばNHKさんがコミケ特番を放送してくださった日で私もリアルタイムで見てました。

 

ちなみにその時のサークルカットがこちら!

f:id:kogasana:20180327232524p:plain

 

コミケに参加する方法や注意点などはまたの機会にお話することにして、今回は初めてのコミケで私が印刷をお願いした印刷会社さんについてお話していきたいと思います。

 

初めてのコミケでお世話になったのは東京の同人誌印刷会社のしまや出版さんです。

しまや出版さんHP

www.shimaya.net

 

しまや出版さんに印刷をお願いした後に入稿したのですが、初心者の私はかなり入稿ミスをやらかしてしまいました。しかし印刷会社さんはすぐに電話をくださって、不備のある箇所と修正方法を丁寧に教えていただきました。

 

そのころ私は夜勤の仕事をしており、出勤前に入稿して、勤務先の駅に着いたところで印刷会社さんから電話がありました。なので本当はすぐに修正をしたいところですが、翌日の朝まで修正ができない状況でした。

 

事情を説明すると快く「それなら明日までに再入稿してくださいね♪」と言ってくださいました。

 

初心者に優しい印刷会社さんで、印刷会社さんのホームページにも初心者向けの解説ページが載っています。

そして製本・装丁も綺麗でお値段もお手頃(早割やpixivプレミアム割もあり)です。

 

 

しまや出版さんの素敵なところ♪

・入稿後のフォローが迅速

・HPに書いてある通り初心者にも優しい!

・製本が綺麗(私の使った印刷会社さんの中でもかなり綺麗です)

pixivプレミアム割がある!

・首都圏のイベントであれば大体直接搬入して貰える。

 

ちなみに私がお願いしたプランは「オンデ表紙セット」という、表紙がオンデマンドで本文がオフセット印刷のお手頃プランです。表紙もオフセットにするとかなりお高いので・・・

 

しまや出版さんにもう少し頑張ってほしいところ!

・クレジットカード決済の場合、割引率が減ってしまうのがちょっと残念です。カード会社に決済金額の何%かを払わないといけないので致し方ないとは思いますが・・・

・首都圏以外のイベントの場合、宅配搬入になることが多い。部数が少ない場合は自宅に送ってもらって直接持っていくという方法もありますが、もう少し直接搬入できるイベントを増やしてほしいかなって思います。

 

最近はオンデマンドの少部数印刷がメインでほとんどしまや出版さんにお願いする機会がなくなってしまったのですが、また機会があったらぜひお願いしたいと思っています!

【同人誌】同人誌の価格は少し高めに設定しよう!

念願の同人誌を作った!あとはイベントで頒布するだけ!

あなたのテンションはアゲアゲの状態をキープしていることでしょう。

 

しかしそんな時に悩むことがあります。

同人誌をいくらで頒布しようかな?今回は初めてだし無料配布でもいいかな・・・?それとも100円くらいでいいかな?

 

そう、同人誌の頒布価格です。

同人活動はあくまでも趣味の一環でやっており、営利目的ではない前提のため「販売」ではなく「頒布」という言葉を使います。

 

それではいくらで頒布すればいいのか?

同人誌の頒布価格の目安について記載しているサイトを見つけましたのでぜひ参考にしてみてください!

drawtip.net

私は主に漫画・イラスト本を出すため、B5で印刷することがメインになります。そのため今回はB5サイズの本を印刷する場合についてご説明したいと思います。

 

私がイベントで頒布した同人誌の頒布価格はこんな感じです。

【条件1】表紙フルカラー・本文モノクロの場合

12P:200~300円

16P:400円

32P:500円

36P:600円

52P:700円

24P:500円

 

【条件2】前ページフルカラーの場合

8P:200円

 

上記のページの頒布価格の目安と比べてもらえれば分かると思いますが、私の頒布価格は若干高めになっているのがわかると思います。

 

それではなぜ同人誌の頒布価格を少し高く設定したほうがいいのかをご説明したいと思います。

 

理由その1.同人誌は価格ではなく内容や絵師さんで買うから

一般参加をされた方は分かると思いますが、本を買うときに値札を見て買うことは予算に余裕がないとき以外あまりしないですよね。ちょっと高くても好きなキャラが描かれていたり、自分の好きな絵柄だったり、絵師さんのファンだから!という理由で買いますよね。

 

つまり値段が安いから買うのではなく「あなたの同人誌」だから買うんです。なのでそれ相応の価値があるものなんです。だから相場よりも高くしても頒布数にはほとんど影響がないと思います。

 

私の例でご説明します。

 

数年前に参加したイベントで新刊の価格を100円にするか200円にするか悩んだのですが、表紙がモノクロだったので100円で頒布することにしました。ですが、あまり頒布数は伸びませんでした(部数はひみつ♪)。

 

そしてその後に参加したイベントでは印刷費が高かったこともあり、頒布価格を若干高めに設定してみました。しかし、新刊は思ったよりもかなり多くの方に手に取ってもらい驚きました。内容がよければ高くても手に取ってもらえるということなのです。

 

実際他のサークルさんで頒布価格を下げても手に取ってもらえた数は変わらなかったというツイートを見たことがあります。なので自信をもって価格を決めていただきたいと思います。でもあまり高すぎるのはダメですよ!

※同人界隈では「売れる」ではなく「手に取ってもらえる」と表現します。

 

理由その2 あまり安くしすぎると手に取ってもらえないかも。

これは私の直感ではありますが、せっかくいい作品を作ったのに買う側からして「こんなに安いっていうことは何か理由があるのかな?」って思ってしまうかもしれません。

同人誌はスーパーの安売りとは違って安ければいいというものではありません。コピー本なら100~200円で、製本されているなら私の頒布価格を参考にして価格をつけてみてください。

 

理由その3 イベントでの赤字幅を小さくする(次のイベントに参加できる!)

同人活動はあくまで趣味の一環です。営利目的でやるのはあまりよく思われていないのが実情です。ただしいくら営利目的でないといってもあまりにも赤字幅が大きいと次のイベントの参加が資金的に難しくなってしまうかもしれません。

一般参加者さんはあなたの同人誌を買うためにわざわざ会場に来てくれているんです。それなのにあなたが当日参加していないと知ったら一般参加者さんはどう思うでしょうか。 

相応の価格で頒布して、次のイベントに参加できるようにあなたにとってベストの頒布価格を決めてくださいね!

 

Togetterにも私と同じ考えの方がいらっしゃるのでこちらも参考にしてみてくださいね!

自分の同人誌を「レベル低いし安くしとこう」という人へ。値段は上げた方がいい!その理由とは - Togetter

 

それでは楽しい同人活動を!

【同人活動】アフターに参加したいなら事前の準備を! 後編

前編はこちら

【同人活動】アフターに参加したいなら事前の準備を! 前編 - 同人活動やってみよう!

 

それではアフターに参加するにはどうすればいいか、自分の考えにはなりますがお話していきたいと思います。

 

①イベント当日に隣のサークルさんと意気投合してアフターに行ったことは0回!

私は2013年5月から現在に至るまで10回以上サークル側で同人イベントに参加しています(売り子参加を含む)が、未だかつてイベント当日に隣のサークルさんと意気投合してアフターに行ったことは1回もありません。

隣のサークルさんと仲良くなってイベントで挨拶に行ったり、合同誌に参加していただいたことはありますが、イベント当日にいきなりアフターをやるというのは厳しいと思います。

※ただし例外で自分のサークルで売り子をやっていただいた方を自分が参加する身内主催のアフターに来てもらったことはあります。

 

その理由は3つあります。

・遠征で来ているサークルさんはイベント後に新幹線や飛行機で帰らなければならないため時間の制約がある。

・大体の人はイベント前にアフターの計画を決めてお店の予約をしているため急な人数変更に対応できない場合がある。また身内だけで盛り上がりたいと考えている人もいる。

・当日初対面なのでお互いどんな人かわからないので不安に思う場合がある。

 

②イベント前に隣のサークルさんにTwitterなどを通じて挨拶しておく。

サークル配置は通常イベントの1ヶ月前には決まります。つまりイベントの1ヶ月前には隣のサークルさんが誰になるか分かるわけです。なのでアフターの参加有無にかかわらず隣のサークルさんと挨拶しておくといいでしょう。

一番メジャーなのはTwitterですが、場合によってはPawoo(ピクシブが運営しているマストドン)等でもいいでしょう。コスプレをされる方はコスプレ交流サイトでもいいと思います。

しかし隣のサークルさんと仲良くなれるかは正直当日になってみないと分からないです。でも挨拶をしておくことで当日の挨拶がスムーズになりますし、少しだけアフターに誘ってもらえる率が高くなるかもしれません。前述の通り、自分のサークルの売り子さんをアフターに誘ったことはあります。ただ確実にアフターに参加できるかと言われると何とも言えないところがあります。

 

③twiplaなどでアフターを探して参加表明をしておく!

どうしてもアフターに参加したいという方はtwiplaを活用しましょう。

twipla.jp

※Twiplaの利用にはTwitterのアカウントが必須になります。

イベント検索であなたが参加したいジャンルのイベント名などを入力して検索してみましょう。

東方Projectなら「例大祭」や「紅楼夢」、艦これなら「砲雷撃戦」、コミケなら「C〇〇(〇〇はコミケの開催回の数字、2018年8月の夏コミはC94)」、刀剣乱舞なら「百刀繚乱」などのキーワードを入れてみましょう。

f:id:kogasana:20180324181231j:plain

検索結果を見て、このオフ会に参加したい!と思えるオフ会が見つかったら参加表明をしましょう。身内限定などの条件で募集していることもあるので参加表明ステータスにする前にDMやリプなどで挨拶を兼ねてオフ会に参加したい旨を主催者さんに伝えてみてください。

もし参加を断られてしまった場合でも他のアフターを探せばいいですし、次の機会に誘ってもらえるかもしれません。

あとアフターの参加はお店の予約の都合上、2週間前くらいに締め切ることが多いですのでアプローチは早めにしてください。万が一参加できなくなってしまった場合なども迅速な連絡を心がけましょう。

 

願わくば感想とアフターが原因で同人をやめてしまった方がまた楽しく同人活動が楽しめますように(^^)/

【同人活動】アフターに参加したいなら事前の準備を! 前編

こんばんは。kogasanaです。

前回は感想がもらえないのが辛くて同人活動をやめてしまった方の記事を書きました。

 

今回はアフター(同人誌即売会後にサークルさんたちが集まって打ち上げを兼ねた飲み会をすること)に誘われないから同人活動をやめてしまった方について自分の考えを綴っていきたいと思います。

 

【つらい】同人作家「アフターに誘われないから同人イベント参加やめた。自分が悪いのはわかってるけど、結局向いてなかったんだと思う。」 : オレ的ゲーム速報@刃

 

概要はこんな感じです。

・イベント後のアフターに呼ばれないから同人活動をやめた。

ピクシブへの投稿や本を出すのは好きだけどアフターに行けないからイベントには参加したくない。一般参加でもダメかも。

・イベントに出るために東京まで遠征しても帰りはぼっちで帰るだけ・・・

・みんなは打ち上げで楽しそう。だけど自分は新幹線の中で「イベントお疲れさまでした!」ってツイッターでつぶやくだけ・・・

・イベントに参加したら隣のスペースの人と意気投合してご飯に行けるのではないかと期待していたけどそんなことは1回もなかった。

・しばらくはイベント参加しないと決めたら気が楽になった。

・みんなは私のようにならずに頑張って!

 

さて私が同人活動をしてきた中で、イベント後のアフターに参加した経験をお話していきたいと思います。

・2013年11月:初めてのイベント参加。友人が売り子として手伝ってくれたのでその友人とイベント後に食事をしました(これもいちおうアフターだもんねっ!)

・2014年5月:イベント前日と当日に飲み会に参加しました(友人にイベント企画が大好きな人がいるもので・・・)

・2016年5月:アフターに2件参加(1人は身内、1人はサークルさん主催)。

・2016年11月:知り合いのサークルさん主催で前夜祭。イベント当日は身内で集まってしゃぶしゃぶ食べ放題の打ち上げ。

・2017年8月:コミケ後のアフターに参加。18時から23時ごろまで楽しめました。

 

他にもアフターの参加経験はありますが、印象に残っているのはこんな感じです。それ以外にもコスプレお花見とかも参加させていただいたこともあります。今は東京を離れていますのでなかなか参加できませんが、もし東京に戻ることがあれば積極的にイベントに参加したいですね!

 

ではアフターに参加したいと思っている人はどのようにすればいいのでしょうか?

続きは後半で! 

【同人活動】アフターに参加したいなら事前の準備を! 後編 - 同人活動やってみよう!


【同人活動】自分が描いた同人誌の感想をもらう3つの方法

約2年前に話題になったはてな匿名ダイアリー

anond.hatelabo.jp

 

同人活動をされている方のほとんどはご存知だと思いますが、本が売れても感想が全然もらえないことを理由に同人活動をやめてしまわれた方の匿名ダイアリーです。

 

内容を簡単にまとめるとこんな感じです。

・日記を書かれた方はイベントで同人誌を頒布しており、書店委託もしている。だけどほとんど感想がもらえない。

・最初は本が売れるだけで嬉しかったけど、次第に本の感想が聞きたくなってきた。でもほとんど感想がもらえなかった。

・誕生日席になることも多く、本は売れるが感想はもらえない。

・知り合いのサークルさんは感想をもらっていてすごく嬉しそうなのに、私にはもらえない。

・だからと言って感想が欲しいというのもおこがましいし・・・

・結局思い悩んで同人活動をやめてしまった・・・

 

これはとてももったいないことだと思います。思い悩んでいるくらいなら正直に「感想が欲しい」と打ち明ければよかったと思います。そうはいっても自分から言うのがおこがましいと思う気持ちも理解できます。そこで同人活動をされている方向けに自分が描いた同人誌の感想をもらう方法を3つご紹介したいと思います。ちなみに3以外は私が実際にやってみた方法です。

 

1. 親友に同人誌をあげて読んでもらって感想を聞く

まずは親しい友人に同人誌をあげて感想をもらうという方法です。私は学生時代の友人にイベントの新刊を渡して読んでもらって感想を聞きました。的確な感想をもらえて自分の改善すべきところがわかってとても嬉しかったです。ちなみに友人は同人イベントに一度も参加したことがない人でした。

友人であれば安心して感想を聞くことができると思うのでぜひお試しください。

 

2. 合同誌(アンソロ)の主催をする

これは上級者向けですがご自身で合同誌を企画してみるという方法もあります。合同誌を主催すれば複数の方から原稿を寄稿してもらうことになるのでスカイプのグループなどを作ってお互いに感想を伝え合うというのも面白いと思います。

 

3. 正直に感想が欲しいと伝える!

一番簡単な方法はやはり正直に感想が欲しいと新刊を買っていただいた方などに伝えることです。そうはいってもやっぱり感想クレクレ厨と言われるのは・・・と抵抗のある方もいらっしゃると思います。そこで安心して感想が欲しいと言える魔法のフレーズをご教授したいと思います。

 

今後の作品の参考にしたいので、もしよかったら感想を教えてもらえませんか?」

もっと面白い作品を作りたいので、アドバイスを頂けると嬉しいです。」

 

こう言われたら感想を伝える側も言いやすくなると思います。

 

同人活動をされている方で感想が欲しいなぁと思っている方はぜひやってみてください!

【同人活動】敷居が高そうに思えるけど実は・・・後編

前編はこちら

【同人活動】敷居が高そうに思えるけど実は・・・前編 - 同人活動やってみよう!

 

前編で同人活動をやりたいけどいざやるとなるとためらってしまう人のパターンについて説明いたしました。。大体下記3パターンに分かれます。

①経済的理由(資金的に厳しい)

②画力に自信がない(もっとうまくなってから参加したい)

③コミュ障(一般参加者と交流ができるか不安)

 

それではそれぞれのパターンの対策をお教えしたいと思います。

 

①資金的に厳しい場合は、まずは合同誌やゲスト絵から参加しよう!

イベントに申し込むと最低でも4000円、さらに同人誌を印刷すると安くても5000円以上はします。さらに会場までの交通費なども必要になり、少なくとも全体で10,000円は用意しないといけません。学生の方や地方にお住いの方はいきなりサークル参加はキツいかもしれません。

そんな方におススメしたいのは、まず合同誌やゲスト絵として寄稿してみる方法をお勧めします。イラストソフトとペンタブをお持ちの方は原稿を作れますし、もしペンタブを持ってなくてもアナログで書いてスキャンするという方法があります。

私も過去にアナログイラストを送ってもらって、その原稿をスキャンして印刷したことがあります。鉛筆とペンと原稿用紙(ケント紙)があれば漫画・イラストが描ける!それが同人活動の醍醐味でもあります!

 

②画力に自信がない場合でもとりあえずやってみる!

「あのさ、僕(私)思うんだけどさ・・・もっとうまくなってから同人誌を出したほうが・・・」

こんなことを言うと某猫型ロボットさんに睨まれますよ(笑)

何が言いたいかっていうと上手くなってからやるという意識でいると高確率でやらずじまいのままになってしまうからです。「明日から本気出す!」も同じようなことですね。

 

なので画力に自信がない場合でもとりあえずサークルカット描いてイベントに申し込んでください(ちゃんとイベントに参加できる日程かは確認してね)。そうすればいやでも同人誌を描かざるを得なくなります。参考までに私の初めての同人誌と一番新しい合同誌のイラスト(漫画)をご紹介したいと思います。

 

【初めての同人誌】 2013年11月発行

www.pixiv.net

 

【一番新しい合同誌】 2017年11月参加

www.pixiv.net

 

自分で言うのもなんですが4年も経つと少しはマシになってきたと思います。まだまだ練習は必要ですが・・・

なのでまずは同人誌を出してみることから始めてみましょう!

 

③イベントに参加していくうちに慣れます

自分もイベントに参加した当時は周りの方とうまく話せなかったです。でもオフ会に参加していくうちに会話が弾むポイントがわかってくるようになります。辛いときもあると思いますがめげずに頑張ってみてください!

私が何回か参加させていただいたオフ会では主催者さんがとても良い方で、初めての参加でも楽しい時間を過ごすことができました。みなさんも楽しい同人&オフ会ライフを過ごしましょうね!